<   2012年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

鎌倉そぞろ歩き 第四回金沢街道とその周辺 (NAKA)

鎌倉から金沢八景へと抜ける金沢街道は、鎌倉時代六浦港から塩や海産物を
運ぶ交易路で、塩の道とよばれていました。
沿道には鎌倉で最も古いと伝わる杉本寺や、竹林が美しい報国寺、鎌倉五山
第五位の浄妙寺、さらに緑濃い谷戸には歴史と花に彩られた古刹が点在している
エリアです。
鎌倉市では「武家の古都・鎌倉」というテーマのもとで、世界文化遺産への登録に
向け活動を行って来ており、ユネスコの諮問機関による現地調査が9月24日から
27日まで行われたばかりです。来年6月のユネスコ世界遺産委員会で登録の
可否が決定するとのことです。
掲載写真枚数: 20枚
 [アルバムを表示] ここをクリックする

なお、次回は最終回になりますが、10月4日(木)に掲載しますのでお忘れなく
ご覧ください。
b0008058_6594548.jpg

 美しい竹林の寺として全国的に有名な報国寺の鐘楼
b0008058_713852.jpg

 源頼朝が居を構え鎌倉幕府を開いた場所
[PR]
by kobiki_kai | 2012-09-30 07:19 | 写真掲載

崖(ハケ)の中 (ASK金曜日)

私の家から南に200M程行った処に「布田崖線」が西から東にかけてあります、
崖上には住宅が崖下は暗渠にした後に一部散歩道(せせらぎの道)があります、
暗渠は染地通りを越すと水のない根川が玉川まで続いております、
崖下には昔のままで木々が鬱葱とした処が何箇所か残っております。
b0008058_13472760.jpg

b0008058_13474821.jpg

b0008058_13482051.jpg

暗くなると薄気味が悪いですね!!
------------------------------------------------------------------------
立川崖線 [編集]
立川市や府中市、調布市の中心市街地が載っている立川面は立川崖線
(たちかわがいせん)によって多摩川の沖積低地と分けられていて、
国立市谷保(やほ)から青柳(あおやぎ)にかけて、および昭島市付近や
青梅市付近にさらに低位の面を抱えている。それらを青柳面、拝島面、
千ヶ瀬面として区別する研究者もいる[3]。立川崖線は、青梅付近から
多摩川に沿う形で立川市内まで続き、JR中央線の多摩川鉄橋の付近から
東に向かい、立川市役所の南を通って、南武線と甲州街道の間をさらに
東に向かう。谷保の西で甲州街道の南に入る。ここに谷保天満宮が崖線を
利用した形で置かれている。そこからは甲州街道のおよそ500mほど南を東に進み、
狛江市元和泉付近まで続いている。立川崖線は府中崖線(ふちゅうがいせん)や
布田崖線(ふだがいせん)とも呼ばれる。
[PR]
by kobiki_kai | 2012-09-28 13:49 | 記事投稿

鎌倉そぞろ歩き 第三回扇ヶ谷とその周辺 (NAKA)

扇ヶ谷(おうぎがやつ)は鎌倉駅の北西部に位置し、緑豊かな谷戸(やと・・・谷のこと
をいう)が広がり静かでゆったりとした古都の雰囲気が漂う地域です。
そんな静かな谷戸に寿福寺や海蔵寺などの名刹と鎌倉特有の「切通し」が点在し
古の面影を感じさせてくれるエリアです。
掲載写真枚数: 20枚
 [アルバムを表示] ここをクリックする

なお、次回は9月30日(日)に掲載しますのでお忘れなくご覧ください。
b0008058_6282120.jpg

b0008058_629899.jpg

[PR]
by kobiki_kai | 2012-09-26 06:39 | 写真掲載

鎌倉そぞろ歩き 第二回鎌倉街道とその周辺 (NAKA)

第一回目は鶴岡八幡宮の参道で、かつメインストリートでもある若宮大路と
その左右に並行して走る小町通りと小町大路周辺など鎌倉の中心部を紹介しました。
第二回目は北鎌倉エリアで、鎌倉街道に沿って連なる歴史と格式を誇る禅宗の名刹
を巡りながら、豊かな自然が残る鎌倉の魅力も同時に楽しめるエリアです。
掲載写真枚数: 24枚
 [アルバムを表示] ここをクリックする

なお、次回は9月26日(水)に掲載しますのでお忘れなくご覧ください。
b0008058_1040256.jpg

b0008058_10405139.jpg

 
[PR]
by kobiki_kai | 2012-09-22 10:48 | 写真掲載

写真クラブ9月例会(ASK金曜日)

9月18日(火)に写真クラブPCCの例会がありました、
私も2点出品致しましたが、この頃は調子が悪く撮影に出かけることがなく種なし!!
互選による批評は毎度の通り酷評でした、
互選1位の写真【森の妖精】 6/11 ブロニーフイルム 45カメラ
b0008058_1721975.jpg

私の作品【カメラマン】2/11
見たことがある人ですね、種なしなので古い写真を利用!!
批評:カメラマンの姿が面白い、背景の入れ方もマーマー、右の人達はない方が?
b0008058_175345.jpg

私の作品【夕暮れの散歩道】0/11
批評:手前の庭園灯、道のカーブ、狙いは良いが加工し過ぎ(赤が強すぎる)
    点景の人物、犬などが入っていれば絵になったのでは??
b0008058_1764633.jpg

1位の会員は90才を超えた方で風景写真を得意とし
重い機材を持って色々な処に出かける元気さです。
[PR]
by kobiki_kai | 2012-09-21 17:08 | 写真掲載

鎌倉そぞろ歩き 第一回鎌倉中心部 (NAKA)

7年前或る事が切っ掛けで行った鎌倉が気に入り、以来年に3~4回は
足を運ぶようになりました。
源氏ゆかりの地で、歴史と由緒ある寺社が120余を数え、山々の緑と
四季を彩る花々や海に囲まれた自然豊かな古都鎌倉を記録に残そうと
思い立ち、8月下旬から9月初旬にかけて連日32度を超える猛暑でしたが、
丸4日間かけて歩き回り撮影して来ました。
(カメラ2台・・・一眼レフとコンパクトデジカメ・・・熱射病対策の水と塩、
汗拭き用のタオル数枚を持参)
撮影した枚数は700枚弱でしたが、これらを編集し5回に分けて「木挽会
の展示館」に掲載することにしました。
第一回目は「鎌倉中心部」と題し、鶴岡八幡宮とその参道である若宮大路、
鎌倉随一の繁華街小町通りとかつては武家屋敷が集中していたという
小町大路とその周辺を中心としてオンラインアルバムに掲載しました。
掲載写真枚数: 36枚
 [アルバムを表示] ここをクリックする

なお、次回は22日(土)に掲載しますのでお忘れなくご覧ください。
b0008058_11513954.jpg

[PR]
by kobiki_kai | 2012-09-18 11:59 | 写真掲載

木挽会総会での参考HP (ASK特)

15日に木挽会総会開催のお知らせ(予報)が郵送されてきました、
私はこの処足の調子が良くないので残念ながら不参加です、
下記に総会での宿泊地、ゴルフ場、観光地のHPアドレスを掲載しましたので
ご参考にして下さい。
【参考ホームページ】※名称クリックするとHPを表示します。
【みどり市
 
大間々町
  
サンレイク草木
b0008058_11511733.jpg

桐生CC
  
【わたらせ渓谷鉄道
  
【トロッコ列車
  
【富弘美術館
  
【足尾銅山

ながめ公園
  
【高津戸峡
  

毎度の様に出席された皆さんが撮影した写真を送って頂き、整理して
「ASKのホームページ」に掲載しますので宜しく!!
常連以外の皆さんも奮って送って下さい。
[PR]
by kobiki_kai | 2012-09-15 21:15 | 記事投稿

のら猫 (ASK金曜日)

家の西隣先にあるYWCAが木々を伐採して建物を建て始めました、
この為YWCAを寝ぐらにしてた「のら猫一家」が我が家の方に侵入してきてます、
「おす猫」は縄張り争いで負けると寝ぐらを出て行きますが子猫の内は親猫について
居座っております、3回ほど玄関を開けた時に家の中に入られ追い出すのに苦労を
させられたので玄関を開ける時は注意が!!
※ 最近足の調子が悪く撮影に出かけることがなく掲載の種に苦慮しております。
  こんな写真の掲載で申し訳ありません。
b0008058_15545366.jpg
b0008058_1555328.jpg
b0008058_15554966.jpg

[親ねこ]
b0008058_15555287.jpg

[PR]
by kobiki_kai | 2012-09-14 15:57 | 写真掲載

山盛りの薬(ASK金曜日)

先月、足の調子が今一なので(足裏のシビレ)「腰部背管狭窄症」が悪化したのでは
ないかと心配になり前に診察を受けた整形外科に行った処MRを撮ることになり
結果は9/4に診察される事になりました、当日MRを撮るほどなので手術を
する事になるのではないかと戦々恐々で出かけました、
結果はたいした事がないので当分薬(下記)続けることになりました(良かった!!)
b0008058_1605830.jpg

① プロレナール錠(5μ):抹消の血流の流れを改善する薬
② メチコバール上(0.5mg):ビタミンB12、手足のシビレを改善する薬
薬は毎食後服用するのですが3ケ月分も渡さりました、
こんなにいっぱいの薬を渡されたのは初めて!!
毎日、毎食後に忘れずに続けて服用して行くことが出来ますかね??
[PR]
by kobiki_kai | 2012-09-07 16:02 | 記事投稿