浅草の羽子板市 (NAKA)

数ヶ月振りに出掛けた浅草で羽子板市が行われているとの情報を得て
野次馬気分で覗いてみました。
浅草寺の境内に凡そ30軒ほどの露天が軒を連ね、色鮮やかな羽子板が
飾られ、大勢の人で賑わっていました。 聞くところによると浅草寺の羽子板市
は江戸時代に始まったと伝えられ、魔除けや無病息災のお守りとされ、また
女の子が丈夫に育つようにと願い、初正月に羽子板を贈る風習が
できたのだとか・・・・。
しかし驚いたのは値段で、3万円から5万円くらいのものが一番売れている
ということで、中には80万円という高価なものもありました。
買ったお客には縁起の良い三本締めの手拍子で、「ありがとうございました。
良いお年をお迎えください」 と口上があり、あちこちの露天から手拍子と
口上が響き渡っていました。 また毎年恒例のその年の話題となった人物を
題材にした 「変わり羽子板」 も店先を飾り、行き交うお客の目を引いていました。
b0008058_1492442.jpg

b0008058_1494332.jpg

b0008058_1495753.jpg

b0008058_14101337.jpg

b0008058_14103044.jpg

[PR]
by kobiki_kai | 2013-12-20 14:12 | 写真掲載
<< 写真展示会での展示作業    ... 人物劇画の絵はがき(その4):... >>