鎌倉そぞろ歩き 第四回金沢街道とその周辺 (NAKA)

鎌倉から金沢八景へと抜ける金沢街道は、鎌倉時代六浦港から塩や海産物を
運ぶ交易路で、塩の道とよばれていました。
沿道には鎌倉で最も古いと伝わる杉本寺や、竹林が美しい報国寺、鎌倉五山
第五位の浄妙寺、さらに緑濃い谷戸には歴史と花に彩られた古刹が点在している
エリアです。
鎌倉市では「武家の古都・鎌倉」というテーマのもとで、世界文化遺産への登録に
向け活動を行って来ており、ユネスコの諮問機関による現地調査が9月24日から
27日まで行われたばかりです。来年6月のユネスコ世界遺産委員会で登録の
可否が決定するとのことです。
掲載写真枚数: 20枚
 [アルバムを表示] ここをクリックする

なお、次回は最終回になりますが、10月4日(木)に掲載しますのでお忘れなく
ご覧ください。
b0008058_6594548.jpg

 美しい竹林の寺として全国的に有名な報国寺の鐘楼
b0008058_713852.jpg

 源頼朝が居を構え鎌倉幕府を開いた場所
[PR]
by kobiki_kai | 2012-09-30 07:19 | 写真掲載
<< 東京駅丸の内駅舎 (NAKA) 崖(ハケ)の中 (ASK金曜日) >>